校長室だよりNO132

 今日の午前中は、校長会で出張です。5年生は、オリンピック・パラリンピック教育の一環としてのダンス教室の2回目でしたが、残念ながら見学できませんでした。学校に戻り、5年生が「楽しくダンスに取り組んでいました。」と報告を受けたので安心しました。

 また、今日は耳鼻科検診でしたので、その報告も保健の先生から受けました。すると、「6年生が1番態度がよくありませんでした。」と報告を受けました。すると、今度は図工の先生が校長室に来て「6年生の子が、図工室の机にくぎを打ってしまったので、その子が謝りにきています。」とのこと。昨日の職員の話し合いの中でも、6年生の数名が通学路を守らずに下校したので、指導しましたという報告がありました。専科の先生からは、6年生の学習態度について「おしゃべりが多いこと。」「理科の実験は危ないので、薬品を使う実験は行えません。」との報告もありました。昨日と今日で、たくさんの6年生に対しての「よくない報告」を受けたので、このままにしてはいけないと思い、すぐに今日の午後、緊急の学年集会を開くことにしました。

 校長から6年生に話をしました。6年生のよさを教えてと言うと、「元気がある」「あいさつがいい」「仲が良い」と3つ出ました。その通りだねと伝え、では直したほうが良いと思うところはと聞くと、「おしゃべり」「切り替えができない」「友達に注意ができない」「一緒になってしゃべってしまう」「専科の時間にふざけてしまう」等、次から次へと出てきました。自分たちのことがよくわかっているね、こちらもその通りだねと話しました。そして、次の様なことを話しました。

・友達とおしゃべりをする楽しさと、学習の楽しさを一緒にしてしまっている。(切り替えができていない)
・注意ができない友達は、自分にとって本当の友達ではない。
・一人一人の良さが、集団の中では消えてしまっている。
・考えることはできるが、行動に移すことができていない。

 そして、集団として変わらなければ、6年生全員が変わろうと思わなければ、決して変えることはできない。どうするかは君たち次第と話しました。

 6年生が今日の話を聞いて、どう考え、どう行動していくかが楽しみです。ピンチはチャンスだ!ファイト!

 今日は、3年生から6年生を対象とした「地域未来塾」がありました。講師の皆様、有難うございました。
 明日は、朝から1日都内へ出張です。校長室だよりは、お休みさせていただきます。

更新日:2020年10月14日 18:16:27