校長室だよりNO36

 今週は特別支援教室(くぬぎ教室)の避難訓練を行います。小集団ごとに7回行います。今日は、2・3年生、4・5年生の小集団で2回行いました。地震と火災を想定した避難訓練です。地震や火災などの災害は、いつ、どこで起きるか分かりません。登下校中、教室での学習中、水泳指導中、遠足中、自宅にいる時、就寝中、くぬぎ教室での学習中、家族旅行中等、様々な場所が想定されます。どこで起きても、慌てずに自分の命を守る行動をとれる力を身に付ける必要があります。今日の訓練、くぬぎ教室の子供たち、よく話を聞いたうえで、命を守る行動を落ち着いてとることができていました。よくできましたね。いつでも訓練は100点でなければいけません。これからもがんばりましょう!

 本日の午後は、教職員全員「救命救急講習」を受講します。北多摩西部消防署の皆様を講師にお招きし、第10小学校の職員と合同で受講します。6月中旬から水泳指導を予定していますが、毎年全国で水の事故が起きています。当然、事故を起こさないように細心の注意をはらいながら指導しなければいけませんが、水の中では何が起きるか分かりません。そのために、全職員が、心肺蘇生の方法やAEDの使い方を学び、身に付けます。命に係わることなので、この訓練は毎年行っています。先生たち、がんばるぞ!

更新日:2022年05月24日 12:47:21