校長室だよりNO40

 夏の様な暑い日が続きます。熱中症に気を付ける必要があります。こまめな水分補給と休養、苦しくなった時はマスクを外す・ずらすことが大切です。本日、マスクの着用についてのお手紙を配布させていただきました。担任から、子供たちにお手紙を基に指導していますが、ご家庭でもお子さんと一緒に確認していただきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

 金曜日の校長室だよりで校内で発生した「いじめ」について書かせていただきました。本日の全校朝会で、いじめについて次の様に話しました。いじめは、絶対にいけないことであるとの認識のもとで、ご家庭でもお子さんと一緒に考えてほしいと思います。その際、いじめられる側にも問題があるというような間違った認識、責任転嫁のような言動は絶対許さないようご指導いただきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

 今日は「いじめ」について話します。みんなに「いじめはやってもよいことですか?」と聞くと、ほぼ全員が「絶対ダメ!」と答えます。その通りです。絶対ダメなんです。でもいじめは起こります。おかしいねえ。みんなだめだと分かっているのにしてしまう。その理由は何なのでしょう?校長先生は、こう思います。いじめを行っている人は、
1 いじめと思っていない。
2 遊びのつもりで行っている。
3 いじめられている人の気持ちを想像できていない。
 ことだと思います。

 そして、校長先生は、いじめをなくすためには、3の「想像する力」が大切だと思います。人の心は、目に見えることはできません。でも、見ようとすることはできます。「今、〇〇ちゃんは、どんな気持ちなんだろう?」と想像する力を働かせることで、人間が行う最も醜い「いじめ」をなくすことはできると思います。

 みんなの周りに、いじめを受けて悲しい・辛い思いをしている人はいませんか?よく周りをみてください?

 みんなの中に、友達をいじめている子はいませんか?いじめを最初にしようと考え、いじめをしている人はいませんか?いじめは人間が行う最も醜い行為です。自分の心に聞いてみてください。「ずっと醜い心のままでいいですか?」

 みんなの中に「〇〇ちゃんをいじめよう」と言われ、それに従い友達をいじめている子はいませんか?「本当にそれでいいですか?」自分の心に聞いてみてください。「そんな弱い心でいいですか?」

 みんなの中に友達がいじめられているのを知っているのに、そのままにしている人はいませんか?「自分がいじめられなければそれでいいですか?」自分の心に聞いてみてください。「友達を助けようとする強い心はありませんか?」

 みんなの中に、友達がいじめられているのを知って、心を痛め、何とかしたいと思っている人はいませんか?「あと少しです!」自分の心に聞いてみてください。「一歩を踏み出す勇気をもとう!」

 そして、みんなの中に、友達からいじめられ、悲しくて辛くて、誰にも相談できていない人はいませんか?校長先生や、先生たち全員で、あなたを全力で守ります!だから「助けて!」とSOSを出してください。少しも恥ずかしいことではありません。恥ずかしいのは、いじめをしている人たちの心のほうです。だから何も心配しないで相談してください。

 いじめは醜い行為です。自分から「醜い心」・「弱い心」を追い出してください。みんなで8小から「醜い心」・「弱い心」を追い出しましょう!
 

更新日:2022年05月30日 10:32:27